底地の買い取りや鑑定や大変な理由などのポイントとは?

SITEMAP

底地のことならお任せください

TREND NEWS

底地にあるポイントとは

ビルの絵

土地というのは誰が持っているのかというのがまずははっきりとしている資産になります。しかし、一人で持っているわけではないこともあります。そうした土地のひとつに底地というのがあります。土地自体の所有権は確実にあるのですがその上に借地権というのが設定されているのが底地になります。まず、借地権というのは日本において非常に強い権利があり、勝手に出て行ってくれということができないのです。
話し合いで借地権自体を返してもらうことは可能なのですが多くの場合、買い取りという形になるでしょう。それほどまでに強い権利があるのが借地権なのです。こうした権利が設定されている土地が底地と呼ばれています。これが非常に売りにくい土地として不動産業界としては認識されています。また、実際にそうなのです。
多くの場合、底地を売りたいのであれば借地権を持っている人にまずは打診することになります。実際に住んでいるわけですから、その人に買い取ってもらうことができるのであればそれが基本的にはベストになります。しかし、借地権とは資産的な価値がありますからその分を差し引いて、ということになります。このあたりがかなり面倒な土地であるといわれる由縁なのです。

底地を上手く買い取りをする

底地とはその土地に借地権が設定されている土地になります。基本的に非常に長い期間、貸していることが多く、土地の価格が急激に上がることも珍しくないのでそこを他のことに活用したいと考えることもよくある話です。自分の土地であるのだから自由にできるのでは、と思うかもしれませんが借地権というのは勝手にどうこうできるものではありませんから、まずは借地権の買い取りというのをすることになります。そうすることによって、ようやく土地の所有者はその土地を自由にできるようになるわけです。これが底地の難しい部分であるとされています。
その土地の価値がまず、地価-借地権の金額、と計算されることからもわかることでしょう。それだけ借地権というのは厄介な存在であるといえるわけです。しかし、とにかく貸せている状態である、といえる場合もあるわけであり、活用はできているわけです。最適な活用ができているのかというのは別問題になりますが土地を遊ばせているわけではありませんから、利益が出ている状態であれば基本的には極端に問題になっているわけではない、ということがいえるでしょう。底地というのは、大変ではありますが立派な資産であることには違いはないのです。

底地が大変な理由とは

不動産には様々な権利が設定されていることがあります。そうしたものの中に底地というのがあります。これは借地権等の地上権が定められている土地のことを指します。或いはその土地の所有権のことを底地権と呼びます。これによって、土地自体が自由に活用できなくなっている、ということがよくあります。
つまりは、不動産の権利としてはしっかりと持っているのだが地上権が設定されているのでどうしてもすべてにおいて自由になるわけではない、というわけです。こうしたことがありますから底地というのは扱いが面倒になる、というのが不動産屋共通の見解となっているわけです。
特に地価が安いときに借地権などを設定して、その後、そこの土地の価格が爆発的に高くなったとしても基本的に貸し続ける必要性があるわけです。これが底地の大変なところではありますが逆を考えますと貸すことは出来ているわけです。ですから、必ずしも悪い状況というわけではありませんから、その点は勘違いしないことです。
それに借地権は交渉次第で返還してもらうことができますし、場合によって買い取りをすることも可能です。自分の土地なのに出て行ってもらうのにお金を支払うのかと思うかもしれませんが底地とはそうした物なのです。

INFORMATION

TOP