底地の買い取りや鑑定や大変な理由などのポイントとは?

SITEMAP

底地のことならお任せください

底地の割合について

グラフ

底地という土地の状態があります。これは借地権がついている土地などのことを指します。そして、この底地には底地割合という言葉が使われることがあります。これは例えば、相続税の借地権割合が何%であるのか、ということから考えるやり方になります。例えば相続税割合が40%の地域であるとしますと底地割合は60%ということになります。
そして、第三者が前提とするべき市場価値というのは収益価格がまずは基準となるので間違いなく、収益率が60%を超えることはありませんから、はっきりいって、この場合の底地の価値は恐ろしく低い、ということになります。こうしたことがありますから、基本的には底地というのは借地権を持っている人が買うことが基本になるわけです。最も底地を買い取るパターンとしてその底地の価値が発揮できる可能性があるのが、借地権者が買い取ることなのです。
何しろ、今まで建てることができなかった建物を建てることができるようになる可能性もありますし、より効率的にその土地を活用できるようになることもあるわけです。そうした面から考えると底地の多くは既に借地権を持っている人が買うのが効率的にもよいことが多い、といえるわけです。

INFORMATION

TOP