底地の買い取りや鑑定や大変な理由などのポイントとは?

SITEMAP

底地のことならお任せください

底地は買い取ってもらうこと

会議

底地というのがあります。これは不動産、つまりは土地であるのですがこれは当然、もっている人がいるわけです。例えばAさんの土地があったとします。そして、その土地にはBさんが借地権を持っています。これはキチンと登記されていることになります。そして、こうした土地のことを底地といいます。
これはなかなか扱いにくい土地として認識されています。土地の所有権があるのは間違いなくAさんであるわけですが、どうしてもそこを再活用しようとするときにはBさんに出て行ってもらうしかないのです。ですから、かなり大変なことになります。そのため、この底地というのは不動産価値としてはその借地権の分を差し引いて考える必要があるのです。
そのため、底地というのはその人が転居しようとでもしない限りは、どうしても上手く活用できないのです。その人に貸していることが活用しているというのであればそれでよいのですが、売るときには非常に困ることになるでしょう。多くの場合、底地とは買い取ってもらうのはその借地権を持っている人になるでしょう。絶対的に、というわけではないのですがそれがもっとも無難な売り先であるとされていますから、覚えておきましょう。

INFORMATION

TOP