底地の買い取りや鑑定や大変な理由などのポイントとは?

SITEMAP

底地のことならお任せください

底地ってどんな土地?

家

様々な状態の土地があります。それこそ荒れているところもありますし、整備されているところもあります。そうした外見上のポイントもあるのですが土地というのは権利がしっかりとあるのです。半分はこの人、もう半分はこの人、と所有権が分割されていることもあります。要するに一人のものではない、ということもあります。
もちろん、キチンと一人がその土地の所有権を持っていることもありますから、これはわかりやすい状態であるといえるでしょう。しかし、非常に厄介な権利関係になっている土地もあるのです。それが底地です。これは土地に「借地権」が設定されている場合にそう呼ばれるようになっています。「借地権」というのはその上に生活用の建物を建てて住む権利のことをいいます。その土地自体はその人の物ではありませんが、住む権利があるわけです。
この権利は非常に強く、土地の所有者であろうと勝手に売り払うことができなくなります。もちろん、別の用途に使おうとしても住んでいる人がいるわけですから、まずは「借地権」の取り消し、返還から行う必要性があります。こうした流れが非常に面倒であり、交渉が物凄く大変になる可能性が高いのが底地のポイントになっています。

INFORMATION

TOP