底地の買い取りや鑑定や大変な理由などのポイントとは?

SITEMAP

底地のことならお任せください

底地の鑑定について

草原と家

底地の鑑定評価というのは、実はなかなか難しいことになります。まず、底地というのは第三者が買う、というのは相当に珍しいことになります。多くの場合は借地権者が買うということになります。つまりは既に住んでいる人が底地の買い取る場合の鑑定が基本になります。
どうして第三者が買うことは少ないのか、といいますとそこの土地を手に入れたところで別に土地を自ら利用することができるわけではありませんから、そこまでメリットがないのです。地代を手に入れることはできるのですが、かなり安いことが多く、収益面では殆ど期待できないといっても過言ではないのです。ですから、わざわざ買うことは少ないわけです。
もちろん、絶対にないわけではないです。例えば不動産業者で底地を専門に扱っているところはあります。そうしたところは底地を安く買い取り、そして、借地権者に買い取らせる、ということをしています。これで利益を出していることは確かであり、やり方としてはあるわけです。さて、鑑定方法ですが通常の地価に借地権の金銭的な価値を算出して、それを引く、ということになります。つまりは借地権の価値の分は相殺することになります。これが底地の価値の計算の方法としてスタンダードなものになっています。

INFORMATION

TOP